MATCH REPORT

JFA 第27回全日本フットサル選手権大会 東京都決勝大会 準決勝
@ 武蔵野の森総合スポーツプラザ サブアリーナ
リガーレ東京
2
VS
1 - 1
1 - 3
FC NAKAI
4
  • 得点者:
    No.5 田嶋・No.25 木村(芳)
リガーレ東京の試合のレポートです。

TOPチーム情報】

 

 

本日行われた全日本選手権東京都大会決勝大会の結果です。

 

27 全日本フットサル選手権 東京都大会決勝大会 準決勝

 

11/23(火・祝) 13:00 kickoff

@武蔵野の森スポーツプラザサブアリーナ

vs FC NAKAI

 

ベンチ入りメンバー

FP:坂本、碓井、田嶋、尾方、菊地()、木村()、尻屋、高橋、米谷、清水、相原、木村()

GK:石崎、柴田

 

1ピリオド(GK石崎)

1-0 得点田嶋(木村())

1-1 失点

 

2ピリオド(GK柴田)

1-2 失点

1-3 失点

2-3 得点木村()

2-4 失点

 

計:2-4 Lose

 

 

 

準々決勝を6-3で勝ち上がり、準決勝の相手はYouTubeを配信していて勢いのあるチーム、FC NAKAI

 

 

先発はGK石崎、木村()、米谷、相原、菊地()

 

 

序盤から相手の勢いに押され、自陣に押し込まれてしまうリガーレ。

 

 

Fリーグやプロフットサル選手として活躍してきた選手が集まる相手チームはやはり、迫力と圧があり、リガーレは対応するのに苦労を強いられる。

 

 

しかし、強烈なシュートの嵐をゴレイロ石崎がファインセーブを連発!なんとか持ち堪える。

 

 

 

すると、リガーレは相手の一瞬のスキを突き木村()のアシストから田嶋が流し込み、なんと先制に成功!1-0

 

 

 

 

先制した後は五分五分の展開になるが、守備に綻びが出る。ゴール前で相手に触られてしまい失点。1-1に。

 

 

 

1-1になってからはお互いチャンスを作り出す展開。

リガーレは米谷、木村を中心にゴールに迫っていく。

 

 

リガーレが攻めればNAKAIも攻める。お互い攻め合う展開になるが、得点には至らず。

 

 

1-1で第一ピリオドを終了する。

 

 

 

 

 

第二ピリオドからゴレイロを柴田にスイッチ。

 

 

 

第二ピリオド序盤はリガーレが攻勢を強める。

 

相手の勢いに慣れてきたこともありパスが繋がるようになると、チャンスを演出。

 

米谷、清水を中心に攻めるが得点には至らない。

 

 

 

すると、相手ロングボールの折り返しを詰められ失点。1-2とビハインドを負う。

 

 

 

さらに、ゴール前でファールを犯しフリーキックを与えると、直接スーパーゴールを叩き込まれ1-3に。

 

 

 

そして追い討ちをかけるように、第二ピリオド残り6分、選手兼監督のサスーンが今日2枚目のイエローカードを受けまさかの退場に。

 

 

 

 

2分間フィールドプレーヤーが一人少ない状態で過ごさなければいけなくなってしまう。

 

ここを高橋、木村()、相原の3人でゴールを守る。さらに途中から消耗した相原から米谷にスイッチ。

 

 

すると、ロングボールを収めた木村()が豪快にゴールに蹴り込みなんと一人少ないリガーレが得点を奪う!2-3

 

 

しかし喜びも束の間、またもや相手にスーパーゴールをニア上に決められて2-4に。

 

 

 

残り4分。2点を取りにリガーレは前がかりになるが、なかなかチャンスを作れず。

 

 

 

そのまま試合は終了。2-4で敗戦となり、3位決定戦に回ることとなりました。

 

 

 

 

 

全日本選手権は人数制限はありますが、有観客ということで本当にたくさんのファン、サポーター、スポンサーの方々にお越しいただきました!

 

 

リガーレのホームなのではないかと思うぐらい、ピッチから見ていて赤色がたくさんでした!

 

 

本当にありがとうございました!

 

 

 

その中で、試合に勝てなかったことは本当に悔しく、とても責任を感じています。

 

 

 

 

ただ、下を向くのではなく、前を向いて進んでいきたいと思っていますので、またリガーレを応援していただけたら嬉しいです!

 

 

ありがとうございました!