MATCH REPORT

SuperSports XEBIO 第20回関東フットサルリーグ2018 第17節
@ 東金アリーナ
リガーレ東京
4
VS
3 - 1
1 - 1
バルドラ-ル浦安セグンド
2
  • 得点者:
    #6 清水竣生 #10 岡野健 #24 相原拳 #30関口知寛
  • 得点者:
    オウンゴール #17 大橋勇太
リガーレ東京の試合のレポートです。

本日の試合結果です。

 

SuperSports XEBIO 第20回関東フットサルリーグ 1部 by PENALTY  第17節

12/24(月・祝)17:00 kickoff

@東金アリーナ

vs バルドラール浦安セグンド

 

メンバー

GK:藤原、柴田

FP:小仲、碓井、田嶋、清水、菊地(耕)、江藤、岡野、米谷、菊池(慧)、中辻、相原、関口

 

前半(GK柴田)

1-0  得点→相原

1-1  失点

2-1  得点→清水(米谷)

3-1  得点→岡野

 

後半(GK柴田)

4-1  得点→関口(小仲)

4-2  失点

計:4-2  win

 

 

負ければ目の前で優勝が決まってしまう一戦。

前からオールコートマンツーマンのリガーレと、ハーフで守るバルドラール浦安セグンド。

お互いに守備への集中力が高くなかなかチャンスを作り出せない状況が続く。

8分、相手のフィクソからボールを奪った相原が独走し、並走する米谷へラストパス。必死に戻った相手DFが触ったボールがポストにあたり、その跳ね返りを再び相原が押し込み先制に成功する!!

しかし11分、裏へのボールで抜け出した相手選手に決められてしまいすぐに同点に追いつかれてしまう。

嫌なムードを払拭したのは14分。

左サイドのキックインから米谷が右奥裏へのループパス。これを清水がダイレクトボレーでゴール左隅に突き刺すスーパーゴール!!

さらに15分には、ゴール前で江藤が倒されて得たFKを岡野が直接決めてリードを2点に広げる。

この2点のリードを守って前半を終える。

 

 

後半に入るとすぐに得点が動く。

21分、柴田のゴールクリアランスから岡野がキープ、追い越した小仲へヒールパス、これをシュートパスでゴール前にいた関口が合わせてゴール!!

点差を3点に広げると、バルドラール浦安セグンドは18分を残しパワープレーを仕掛ける。

これをリガーレは集中した守りでゴールに鍵をかける。

残り10分のところでオウンゴールで失点するも、残りの時間を魂を込めて守りきり4-2で勝利しました。

 

 

この勝利により最終節に勝利すると優勝が決まることになります。

しかしまだ何も得られたわけでもありません。

最終節勝たなければ、今日勝ったことも意味がなくなってしまいます。

何としてでも勝利が出来るようチーム一丸となって勝利を目指します。

 

本日もクリスマスイブという日にも関わらずたくさんの応援ありがとうございました。

泣いても笑っても残り1試合。

我々と共に戦って下さい!

宜しくお願いします!!

 

 

今後の試合情報です。
↓↓次節情報↓↓

SuperSports XEBIO 第20回関東フットサルリーグ 1部 by PENALTY 最終節

12/29(土)
@駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場

第1試合 11:00〜
ブラックショーツFC vs カフリンガ東久留米

第2試合 13:00〜
ASVペスカドーラ町田アスピランチ vs ゾット早稲田FC

第3試合 15:00〜
ファイルフォックス八王子 vs リガーレ東京

第4試合 17:00〜
バルドラール浦安セグンド vs 湘南ベルマーレFCロンドリーナ