MATCH REPORT

第12回関東女子リーグ参入戦
@ 館山運動公園体育館
リガーレ東京 レディース
1
VS
1 - 1
0 - 0
ヴィエントFC
1
  • 得点者:
    #15 一井千佳
    PK戦 2-3
リガーレ東京の試合のレポートです。

私たちの目標である関東リーグに昇格する為の参入戦が無事に開催されました。
緊急事態宣言下の中、開催にあたりご尽力いただいた皆様に心から感謝申し上げます。

 

相手は神奈川県リーグ1位のヴィエントFCさん。
過去2回参入戦を経験しています。
人数こそ少ないですが、チームの戦術や決まり事が徹底している素晴らしいチームです。

 

私たちにとっては初の参入戦。
緊張もありましたが、試合前、リガーレファミリーの皆様からいただいた熱い応援メッセージ動画にパワーを貰い、気合十分で試合に臨みました。

 

試合開始早々から、前線からプレスをかけてリズムを作り、相手ゴールに幾度となく迫ります。
良いところまで運べるものの、中々得点には繋がりません。

 

相手も人数が少ない中、前線からプレスをかけてきて、お互いに拮抗した時間帯が続きます。

 

すると前半13分、ゴール前でのパスをカットされ、失点を許してしまいます。

 

しかし失点直後もベンチから前向きな言葉が響き渡り、誰も下を向きません。

 

全員が諦めない中、1stピリオド終了間際。
ゴレイラ#1佐藤沙彩からのボールを、前線にいる#15 一井千佳がキープ、#18 嶋田萌、#24 飯村亜美で左サイドを崩し、ゴール前に走り込んでいた#15 一井にドンピシャでラストパス。
それをダイレクトでゴールに流し込み、1点を取り返します!ベンチは大盛り上がり。
1stピリオドを1-1で折り返します。

 

息を吹き返したリガーレは、2ndピリオドも1stピリオドと同様に前線からプレスをかけ、リズムを作ります。
疲れが出てきた相手に何度もゴールに迫りますが、最後の最後まで得点に繋がらず、1-1のまま2ndピリオドも終了。

 

大会の規定で延長戦は無しでPK戦へ。

 

#1佐藤沙彩が何度もビッグセーブをし、その度にベンチを含め一体になって喜びます。
しかし緊張やプレッシャーから、こちらも決めることができず。

 

PK戦の末、2-3で試合終了。

 

関東リーグへの参入はできませんでした。

たくさんの応援本当にありがとうございました。

 

今シーズンはコロナ禍の中、無観客試合で、都リーグでは配信もなかったので、私たちの試合を観てもらえる機会はありませんでした。
しかし今回、mycujooでの配信を、本当にたくさんの方に観てもらえたことを嬉しく思います。

 

皆様に勝利を届けられなかったことが本当に残念で悔しい気持ちでいっぱいです。

 

このままでは終わりません。

 

自分たちに足りないところを見つめ直し、必ず来季こそ関東リーグへ昇格できるよう取り組んでいきます!

 

1年間、たくさんの応援とサポートを本当にありがとうございました!!
これからもリガーレ東京レディースの応援をよろしくお願いいたします!!