MATCH REPORT

SuperSports XEBIO 第21回関東フットサルリーグ 1部 by PENALTY 第5節
@ 東京ドームスポーツセンター東久留米
リガーレ東京
1
VS
0 - 2
1 - 2
カフリンガ東久留米
4
  • 得点者:
    No.24 相原拳
リガーレ東京の試合のレポートです。

本日行われた関東リーグ第5節の結果です。

 

SuperSports XEBIO 第21回関東フットサルリーグ 1部 by PENALTY 第5節

 

8/3(土)17:30 kickoff
@東京ドームスポーツセンター東久留米
vs カフリンガ東久留米

 

メンバー

FP:坂本、碓井、田嶋、清水、菊地、木村、岡野、眞境名、米谷、森、相原、関口
GK:藤原、柴田

 

前半(GK柴田)
0-1 失点
0-2 失点

 

後半(GK柴田)
0-3 失点
1-3 得点→相原
1-4 失点

 

計:1-4 Lose

 

今節はカフリンガ東久留米のホームゲーム。
アウェーでの戦いとなるリガーレ東京が前節の勢いを持続できるか。
例によって引いてカウンター狙いのカフリンガ東久留米。
お互いにチャンスらしいチャンスを作れず膠着状態が続く。
すると12分、前線でボールを奪われカウンターを受けると、一度はカウンターを止めるも相手に泥臭く詰められ先制点を許す。
さらに16分には、相手選手の素早いプレスからボールを奪われるとそのまま運ばれ痛い痛い追加点を与えてしまう。


リガーレも必死に相手ゴールに迫るが、なかなか相手の守備を崩すことができず0-2で前半を終える。

 

後半に入るとリガーレが猛攻を仕掛ける。
米谷のミドルシュートを皮切りに前半に比べアグレッシブさが出てきてチャンスが増える。


しかしここもカフリンガ東久留米の守備陣を崩すには至らず、逆にカウンターからピンチを迎える場面も。


ゴールが遠いリガーレは残り4分、碓井をGKにしてパワープレーを仕掛けるもすぐにパワープレー返しで失点。


残り1分半で相原のミドルシュートが決まり1点を返すも、残り10秒でまたしてもパワープレー返しを決められ万事休す。
1-4で敗戦となりました。

 

歯痒さの残る試合となりましたが、次節はすぐにやってきます。
次節はホームゲーム。

 

今一度チーム一丸となって戦い、必ず皆様に勝利をプレゼント出来るよう頑張ります。

今節もたくさんの応援ありがとうございました。

 

↓次節情報↓

SuperSports XEBIO 第21回関東フットサルリーグ 1部 by PENALTY 第6節

8/11(日)17:15 kickoff
@葛飾区水元総合スポーツセンター
vs コロナFC/権田

 

※記事内の写真は、サポーターの方から頂いた物です。

今後の試合情報です。
SuperSports XEBIO 第21回関東フットサルリーグ 1部 by PENALTY 第6節
8/11(日)
@葛飾区水元総合スポーツセンター(リガーレ東京ホームゲーム)

第1試合 11:00〜
バルドラール浦安セグンド vs ペスカドーラ町田アスピランチ

第2試合 13:00〜
ゾット早稲田FC vs ファイルフォックス八王子

第3試合 15:00〜
バディランツァーレ vs カフリンガ東久留米

第4試合 17:15〜
リガーレ東京 vs コロナFC/権田