MATCH REPORT

東京都マスターズフットサルプレリーグ第2節
@ フィスコフットサルアレナとしまえん
リガーレ東京 O-40
0
VS
0 - 0
0 - 1
DELBORRA
1
リガーレ東京の試合のレポートです。

東京都マスターズフットサルプレリーグ第2VS DELBORRAとの試合に臨みました。

1節の悔しい敗戦から一か月程空いた中で迎えた第2節、リーグ戦初勝利をつかみ取り、勢いにのりたいところです。

 

オーバー40のスターティング5はゴレイロに#32 相田健一郎 FP#6 藤田勲#8 土橋淳一#10 溝邊崇ピヴォに#13 小沼誠で臨みました。

前半開始。

ハーフコートでデフェンスしてくる相手に対しO-40はフルコートでのデフェンスで相手に詰め寄ります。

攻撃面でもうまくボールをつなぎ相手エリアに攻め込みます。

プレリーグ1戦目とは違い多くのシュートを放ちゴール寸前まで追い込みますが最後の詰めが甘かったり、相手ゴレイロの好セーブもあり、あと一歩のところで得点には至りません。

守備面ではキックインやピヴォの反転からシュートを許しますがゴレイロ#32 相田健一郎のセーブによりゴールを割らせません。

お互いに得点を奪えぬままスコアレスで前半終了。

 

後半開始。

ゴレイロを#23 鈴木博行に変え、前半に引き続き攻勢を続け攻め込むO-40

うまくメンバー交代を駆使して攻め続けることにより相手に休む暇を与えず、時折カウンターから攻め込まれるもゴレイロの好セーブとフィクソによる守備で得点を許しません。

後半も5分に差し掛かるところで遂に拮抗したゲームのスコアが動きます。

相手陣内でボールを奪われてしまいカウンターを仕掛けられ、21の状況を作られしまいます。

そのまま相手選手に決められてしまい欲しかった先取点を奪われます。

それまで危なげなく守っていたO-40でしたが攻めに行く中、一瞬の隙をつかれ得点を奪われてしまいました。

後半残り5分。

1点の遠いO-40でしたがなんとか追いつくべく攻め続けます。

相手ゴレイロとの11のチャンスも訪れましたがわずかにゴールの枠を外れ得点には至りません。

相手チームもゴレイロからのロングボール、コート際のキープやタイムアウトなどを駆使しうまく時間を使います。

最後まで攻め続けましたが得点が奪えずそのまま1-0で試合終了。

1節に続き悔しい敗戦となりました。

ほとんど守備に追われシュートも少なかった第1節とは違い多くのシュートを放ち相手ゴールに迫ったO-40でしたが得点が奪えず敗戦という結果となってしまいました。

いきなり2連敗を喫したO-40ですが第3節ではリーグ戦初勝利を目指し一丸となって戦い続けます。