MATCH REPORT

SuperSports XEBIO 第20回関東フットサルリーグ2018 第18節
@ 駒沢オリンピック公園屋内球技場
リガーレ東京
4
VS
2 - 1
2 - 1
ファイルフォックス八王子
2
  • 得点者:
    #4 碓井孝一郎 #6 清水竣生 #10 岡野健 #24 相原 拳
  • 得点者:
    #7 田辺凌 #16 柳澤里木
リガーレ東京の試合のレポートです。

本日の試合結果です。

 

SuperSports XEBIO 第20回関東フットサルリーグ 1部 by PENALTY  最終節

12/29(土) 15:00 kickoff

@駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場

vs ファイルフォックス八王子

 

メンバー

GK:藤原、柴田

FP:小仲、碓井、田嶋、清水、菊地(耕)、江藤、岡野、米谷、菊池(慧)、中辻、相原、関口

 

前半(GK柴田)

0-1  失点

1-1  得点→相原(江藤)

2-1  得点→碓井(岡野)

 

後半(GK柴田)

3-1  得点→岡野

3-2  失点

4-2  得点→清水(米谷)

計:4-2  win

 

 

勝てば文句なしの優勝となる大一番。

前半、優勝の気負いからか動きの硬いリガーレ。

前半1分、相手の反転からゴール右隅に流し込まれいきなり1点を追う展開に。

勝たないと優勝が決まらないリガーレは徐々に攻撃手を強める。

すると6分、江藤が前線からのプレスからボールを奪い中央の相原へ。

カットインからのミドルシュートが相手にあたりながらもゴール右上に突き刺さり同点!!

相原は3試合連続のゴール!

その後はしばらく膠着状態が続いたが、17分、米谷が右サイドを突破しシュートしたボールを相手GKがペナルティエリア外で手を使って止めたためレッドカードで退場処分に。

相手が1人少ない状況でのFKは失敗してしまうも攻め込んで来た相手のボールを奪取して、相原→岡野→碓井と繋いでゴール!!

逆転に成功し、前半を1点リードで終える。

 

 

後半に入ってもリガーレの勢いは止まらず、24分、碓井のパスカットを拾った岡野が振り向きざまのシュートをゴール左隅に突き刺し追加点!!

このままの勢いを持続させたいリガーレだったが、27分に相手ピヴォに反転シュートを決められリードを1点差に縮められてしまう。

この流れを断ち切りたいリガーレはすぐ様突き放す。

左CKから中央へのループパスを清水が2試合連続となるボレーシュートをゴール右隅に突き刺し点差を2点に広げる!!

そこからはいつものリガーレらしく全員守備でガッチリ守る。

相手のパワープレーも全員で守りきりタイムアップ。

4-2で勝利となり、2年ぶり3回目の優勝を決めました。

 

 

最終節、優勝がかかった試合ということもあり、凄い数の応援団が会場を赤に染めてくださいました。

 

 

皆様を興奮させる試合が出来て心から嬉しく思います。

リガーレのサポーターは日本一のサポーターだと常々選手たちは思っております。

これからも一緒に戦い続けましょう!

 

なお、試合後の表彰式ではリガーレの選手も表彰されました。

 

ベスト5

No.10  岡野健

No.14  米谷悟

No.53  柴田健司

 

得点王

No.10  岡野健

 

リーグMVP

No.53  柴田健司

 

全員30代!!

 

 

ベテランの力でもぎとりました。

 

今年も1年間ありがとうございました。

関東リーグは終わってしまいましたが、来年早々には全日本選手権関東大会、地域チャンピオンズリーグが控えております。

 

皆様と共に戦っていきます。

それでは良いお年を!!

 

 

※明日12/30(日)に本日と同会場の駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場にて行われる、関東リーグ20周年記念であるオールスター戦に、No.10岡野、No.14米谷、No.53柴田が出場致します。