MATCH REPORT

SuperSports XEBIO 第20回関東フットサルリーグ2018 第9節
@ 三芳町総合体育館
リガーレ東京
5
VS
1 - 1
4 - 1
ファイルフォックス八王子
2
  • 得点者:
    #10 岡野健 #24相原拳 #6 清水竣生 #2小仲 貴文 #30 関口知寛
  • 得点者:
    #21 喜多村優 #16 柳澤里木
リガーレ東京の試合のレポートです。

本日の試合結果です。

 

9/9(日)11:00 kickoff

@三芳町総合体育館

vs ファイルフォックス八王子

 

メンバー

FP:小仲、碓井、田嶋、清水、西野、菊地(耕)、江藤、岡野、米谷、中辻、相原、関口

GK:藤原、柴田

 

前半(GK柴田)

0-1  失点

1-1  得点→岡野

 

後半(GK柴田)

2-1  得点→相原(清水)

3-1  得点→清水

3-2  失点

4-2  得点→小仲

5-2  得点→関口(岡野)

計:5-2

 

 

前節に引き続き首位攻防戦。

昨季最終節で2-7で敗れたファイルフォックス八王子との対戦。

前半開始早々の1分、CKから豪快にミドルシュートを決められいきなり先制点を許してしまう。

しかし今日のリガーレは動きが良く、数々のチャンスを作り出す。

8分、相原が相手ピヴォの反転をスライディングで止めるとそのこぼれを拾った岡野が相手GKの位置を見て超ロングシュート。

これが相手GKの頭上を超えてゴールイン。

スーパーゴールで同点に追いつく。

その後も攻め続けるが追加点が奪えず同点で前半を終える。

 

 

後半に入ってもリガーレの攻勢は変わらず。

21分、左CKから清水のボールを相原がダイレクトでミドルを決めて逆転!!

さらに23分、左サイドから米谷がシュート。そのこぼれを清水が押し込み追加点を挙げる。

しかし24分、相原が相手選手を後ろから倒したとして1発レッドで退場処分を受けてしまう。

1人少ない状況でのフリーキックをゴールに押し込まれてしまい1点差に。

押せ押せムードとなるファイルフォックス八王子だったが、すぐさまリガーレが反撃。

前プレから相手のミスを誘い相手ゴール前で小仲がパスカット、そのままトゥーで相手GKの股を抜き再び2点差となるゴールあげる!!

残り4分ほどでファイルフォックス八王子はパワープレーを仕掛けてくるも集中した守りでゴールに鍵をかける。

すると岡野のロングボールを競り合った関口がヘディングで相手に競り勝つと、ボールはそのまま無人のゴールへと転がりダメ押しとなる5点目。

そのまま試合終了となりました。

 

 

前節同様いきなり先制点を許す苦しい展開でしたが、今のチームにはそれをも跳ね返せる力がついてきています。

しかし慢心する事なく、1試合1試合覚悟を持って戦っていきたいと思います。

 

今節もたくさんの応援ありがとうございました。

 

来週から後期が始まります。

引き続き応援よろしくお願いします!

 

 

今後の試合情報です。
↓↓次節情報↓↓
SuperSports XEBIO 第20回関東フットサルリーグ 1部 by PENALTY 第10節
9/17(月・祝)
@水海道総合体育館

第1試合 11:00〜
湘南ベルマーレFCロンドリーナ vs ZOTT早稲田FC

第2試合 13:00〜
カフリンガ東久留米 vs コロナFC/権田

第3試合 15:00〜
リガーレ東京 vs ASVペスカドーラ町田アスピランチ

第4試合 17:00〜
バルドラール浦安セグンド vs ファイルフォックス八王子