MATCH REPORT

SuperSports XEBIO 第20回関東フットサルリーグ2018 第8節
@ 箱根レイクアリーナ
リガーレ東京
4
VS
1 - 2
3 - 1
バルドラ-ル浦安セグンド
3
  • 得点者:
    #6 清水竣生 #9 江藤綸汰朗 #10 岡野健 #14 米谷悟
  • 得点者:
    #6 二宮秀文 #31 長坂拓海 #32 浅野佑多
リガーレ東京の試合のレポートです。

本日の試合結果です。

 

9/1(土)13:00 kickoff

@星槎レイクアリーナ箱根

vs バルドラール浦安セグンド

 

メンバー

FP:小仲、碓井、田嶋、清水、西野、菊地(耕)、江藤、岡野、米谷、中辻、相原、関口

GK:藤原、柴田

 

 

前半(GK柴田)

0-1  失点

0-2  失点

1-2  得点→米谷(菊地(耕))

 

後半(GK柴田)

2-2  得点→江藤(米谷)

3-2  得点→清水(相原)

3-3  失点

4-3  得点→岡野(第2PK)

計:4-3

 

 

首位攻防戦、大事な大事な試合でしたが、立ち上がりから攻め込まれる時間が多く、4分、6分に続けて失点。。

いきなり2点ビハインドからのスタートとなってしまいました。

ここから少しずつリガーレがペースを握り始める。

13分、米谷がキックインのボールをリスタートで菊地(耕)へ預け、その落としをもらってのシュートをニア上に突き刺す!!

その後スコアは動かず。

前半を1-2の1点ビハインドで折り返す。

 

 

後半は一進一退の攻防が続き、点が入りそうではいらない。

少しずついい形を作るリガーレ。

34分、カウンターから米谷がゴール中央を突破し、右サイドへ走る江藤へトリッキーなラストパス。

これを江藤がワンタッチでゴールに流し込みついに同点。

さらに37分、清水のドリブルから右奥の相原へパス、その落としを再び清水が走り込みシュート!と見せかけ、切り返しから左足でゴール左隅に流し込みついに逆転!!

 

 

すると残り2分を残してバルドラール浦安セグンドはパワープレーを仕掛ける。

守り切りたいリガーレだったが残り1:20、シュートのこぼれを決められてしまい3-3の同点に追いつかれてしまう。

勝点3が取りたい両チーム。

最後の最後にドラマが待っていました。

残り8秒、カウンターから2-1のピンチ、ファーへのボールをGK柴田がキャッチしに行ったところを相手選手がGK柴田に対しファールを犯す。

これが6個目のファールとなり第2PKを獲得。

これを岡野が落ち着いてゴール左隅に決め勝ち越しに成功する。

残りの7秒で決定機を作られてしまうが何とか守り切りタイムアップ。

4-3で勝利しました。

 

 

苦しい苦しい試合でしたがみんなで勝ち取った勝点3。

 

内容は満足のいくものではありませんでしたが、リーグ戦は結果が全て。

大きな大きな勝点3となりました。

 

次節はファイルフォックス八王子と天王山となります。

 

最後になりましたが今節もたくさんの応援ありがとうこざいました。

 

遠く箱根の地まで来て頂き、負けて帰らせるわけにはいかないという強い気持ちを持って戦いました。

 

次節もまた大事な大事な試合がありますので、応援宜しくお願い致します!!

 

 

今後の試合情報です。
次節情報は以下の通りです。
SuperSports XEBIO 第20回関東フットサルリーグ 1部 by PENALTY 第9節
9/9(日)
@三芳町総合体育館

第1試合 11:00〜
リガーレ東京 vs ファイルフォックス八王子

第2試合 13:00〜
カフリンガ東久留米 vs ブラックショーツFC

第3試合 15:00〜
ZOTT早稲田FC vs ASVペスカドーラ町田アスピランチ

湘南ベルマーレFCロンドリーナとバルドラール浦安セグンドの対戦は9/15に小田原アリーナでの開催となります。