MATCH REPORT

第22回関東フットサルリーグ2020 powered by PENALTY 1部リーグ 第8節
@ エコーピア児玉
リガーレ東京
4
VS
0 - 1
4 - 3
バディランツァーレ
4
  • 得点者:
    米谷、大薗×2、碓井
リガーレ東京の試合のレポートです。

関東リーグ1部 第8節の結果です。

 

第22回関東フットサルリーグ1部 2020 powered by PENALTY 第8節

 

12/5(土)11:00kickoff
@児玉総合公園体育館(エコーピア)
vsバディランツァーレ

 

メンバー
FP:碓井、田嶋、岡﨑、菊地、木村、尻屋、米谷、足立、大薗、高橋、相原、関口
GK:藤原、塩

 

 

前半(GK塩)
0-1  失点

 

後半(GK塩)
1-1  得点→米谷(大薗)
1-2  失点
1-3  失点
2-3  得点→大薗(碓井)
3-3  得点→大薗(米谷)
4-3  得点→碓井(相原)
4-4  失点

 

計:4-4  Draw

 

まずはじめに、今節も関東フットサル連盟事務局をはじめ、会場となる各施設などたくさんの方々のご尽力によって開催できる事に、心より感謝申し上げます。

 

リーグ戦も終盤に差し掛かり、1つでも上の順位を目指すため勝点3が欲しいリガーレ。

 

立ち上がり、両者積極的に仕掛けていく。

開始早々からバディランツァーレの猛攻を受ける形となるもの、今シーズン初出場初先発のGK塩がナイスセーブを連発し、簡単にはゴールを割らせない。

 

攻撃もうまくいかず守備の時間が増え、我慢の時間帯が続く。

すると13分、相手の右サイドの突破からフォアサイドにパスを通されこれを決められてしまう。0-1

 

その後、何度かチャンスを作るも相手GKの好セーブもあり決めきれず前半はそのまま0-1で終了。

 

後半開始1分、
左サイドを突破した大薗からの絶妙なパスを米谷がうまく反転しながらのループシュートで華麗に決める!1-1

 

お互いにチャンスは作るも両GKの活躍もありなかなかスコアが動かない。

しばらく膠着状態が続いたが、10分、自陣左サイドから相手のキックインで通称チョンドンをニアサイドに決められてしまう。1-2

 

同じく10分、またしても同じ位置からのキックイン。
今度は壁の間を抜けてしまいゴール。1-3

 

嫌なムードとなるがリガーレもすぐさま反撃。

12分、相手ボールを奪った大薗が左サイドを駆け上がる碓井へパスを送るとキーパーを引き付けてサイドゴール中央へ走り込んだ大薗へリターンパス。これを大薗が滑り込みながらのゴールを決める。 2-3

 

続く13分、左サイドを自陣からのキックインで米谷からの大薗からループパスを送ると、これを大薗が胸トラップで相手をなぎ倒しながら反転し、左足一閃。ゴール右隅へ決め試合は振り出しに。3-3
何とエース大薗はここまで公式戦全ゴール継続中!!

 

猛攻を仕掛けるリガーレはさらに34分、碓井が前線からのディフェンスからボールを奪うとゴール前の大薗へ。
大薗がループシュートを放つが、キーパーが右手でセーブ。
しかしこれがエリア外でのハンドの判定で相手キーパーがレッドカードの1発退場。

リガーレとしては大チャンス。

 

すると35分、しっかりと数的優位を生かし、左サイドの相原から対角の碓井へパス。

これを碓井がダイレクトでゴール左隅に決める逆転ゴール!!4-3

この試合初めての勝ち越し。

何としてもこのリードを守り切りたいリガーレだったが、、、

 

残り2分、自陣左サイドを崩されると中へパスを通されゴール前でコースを変えられ失点。4-4

 

このまま試合終了。

4-4で引き分けとなりました。

 

リーグ戦、なかなか結果を出せずもがいております。
誰もが勝ちたいと思い試合に臨んでおりますが、そう簡単なリーグではありません。
今自分たちに何が足りないのか。

そこをしっかりと見極め、次節の最終節は勝って締めくくれるようにチーム一丸となり、戦いたいと思います。

 

今節もリモートでの応援ありがとうございました!

 

今後の試合情報です。
第22回関東フットサルリーグ1部 2020 powered by PENALTY 第9節

12月27日(日)kickoff時間未定
リガーレ東京 vs カフリンガ東久留米
@駒沢体育館