MATCH REPORT

東京都フットサルリーグ2部 第4節(延期分)
@ 非公開
リガーレ東京 サテライト
1
VS
0 - 1
1 - 1
FC DOGA
2
  • 得点者:
    #11 鈴木大雅
リガーレ東京の試合のレポートです。

実に3ヶ月ぶりとなったりリーグ戦。

さすがに、久しぶりの公式戦に緊張の色も見え隠れしますが、降格の可能性を消すためにも何とかして勝ちたい一戦。

皆も気合が入ります。

 

1stピリオド序盤に間接フリーキックを与えてしまい、早い段階でピンチを迎えてしまいますが、守備が体を張って跳ね返します。

しかし、前半5分。

コーナーキックからチャンスを作られると、それをゴールに流し込まれてしまいます。

もう一度守備からだとベンチからも声をかけ、皆切り替え1点を追いかけます。

 

追いつくために、#14 山崎亮太の立て続けのシュートで、今度はリガーレが攻め込む時間が続きます。

その後は、ボールを保持する時間は長いものの、ゴールまで行けないもどかしい時間が続きます。

そして相手からの怒涛の攻撃も続きますが、ゴール前のスライディングで何度もピンチを凌ぎます。

 

追いかける展開のまま2ndピリオドを迎えると、まずは1点を取るために、序盤から積極的にシュートを放ちます。

しかし、カウンターから32の場面を作られてしまい、必死に身体を投げ出すも、中央に折り返されたボールをゴールに突き刺され2失点目。

2点を追う苦しい状況ながらも、守備に立ち返りながら、そして様々なサインプレーを駆使してチャンスを伺います。

 

得点が動いたのは2ndピリオド中盤。

#7 菊池慧と#11 鈴木大雅が挟み込んでボールを奪うと、#15 武田潤がカウンターで運び出し、#14 山崎へパス。

#14 山崎が落ち着いてファーサイドにパスを出すと、守備からゴール前に切り替えて猛ダッシュをしていた#11 鈴木がスライディングで流し込み、全員が絡んだ1点に、リガーレベンチが一気に盛り上がります。

 

勢いそのままにもう1点を奪いたいリガーレですが、フリーキックやカウンターなどから逆に危ない場面が増えてきます。

それを、守護神#12 岡﨑知樹や#7 菊池を中心に跳ね返し、なんとか凌ぎます。

後半になっても運動量を落とさず走り続けますが、追加点を奪うことはできず、そのまま1-2で試合終了。

悔しい敗戦となりました。

 

後期リーグに向けて中位リーグに食い込むためには、次節勝つしかありません。

やることははっきりしています。

悔しさをパワーにして、次節は必ず勝利したいと思います!

 

また応援よろしくお願いいたします!

今後の試合情報です。
2020/12/27
@非公開
vs Celsus Futsal