MATCH REPORT

東京都女子フットサル1部リーグ 第2節
@ 都内施設
リガーレ東京 レディース
4
VS
3 - 1
1 - 5
the sunkisst
6
  • 得点者:
    #4 木村瑠衣×2 #18 嶋田萌 #19 黒川晃
リガーレ東京の試合のレポートです。

第1節は設営担当だったため、この第2節がレディースのリーグ初戦となりました。
昨季リーグ1位のチームを相手に迎え、リガーレらしく全員で泥臭く戦おうと意気込んで試合に臨みました。

 

試合開始から臆することなく、積極的にプレスをかけます。スコアが動いたのは前半2分、前からのプレッシャーで相手からボールを奪った#18 嶋田萌がそのまま突き上げるようなシュートでゴールネットを大きく揺らします!!
待望の先制点をあげ、ベンチも歓喜にわきます。

 

さらに4分、#11 増田好美からパスを受けた
#4 木村瑠衣が中央ハーフライン付近から放った、弧を描くようなロングシュートが決まり追加点!
そして5分には、左CKで#24 飯村亜美からのボールを#19 黒川晃がゴール上隅に突き刺し3点目!
前半序盤に3点のリードを奪います。

 

しかし、その後パワープレーを変則的に組み込む相手の戦術に対して苦しみます。
相手がボールを保持する時間が増え、我慢の時間が続く中、9分の相手キックイン、死角からシュートを決められ失点。
前半を3-1で終えます。

 

追加点を取ってもう一度流れを掴みたい思いで、後半を迎えます。

 

しかし開始直後、自陣で相手にボールを奪われ失点。
3-2となり一点差に詰められてしまいます。

 

点差を守るのではなく、ゴールを奪ってさらにリードを広げるために、積極的にプレーを続けます。
すると後半3分、#18 嶋田からのキックインを#4木村が豪快にゴールに突き刺し、大事な追加点をあげます。

 

このまま波に乗りたいリガーレですが、6分には相手のプレスから自陣ゴール付近でボールを奪われ、失点。
再度一点差に詰められ、取っては取られて一進一退の攻防が続きます。

 

後半もパワープレーを使いながら攻める相手に対して、集中を切らさないよう全員でゴールを守り続けます。
しかし8分、パワープレーから中央のスペースを突かれ、失点。
4-4となり同点に追いつかれてしまいます。

 

勝利のために果敢に攻め続けますが、なかなか得点に結びつきません。
時間が迫る中、13分には一度身体を張って跳ね返したボールを押し込まれ、勝ち越されてしまいます。
さらにその直後にもカウンターから失点。4-6で試合終了となりました。

 

リーグ初戦を勝利で飾ることはできませんでしたが、この悔しさをバネに、また次節に向けて日々の練習に励んでいきます。
今シーズン初勝利を目指し、また一丸となって泥臭く闘っていきたいと思います。
応援、ありがとうございました!