MATCH REPORT

JFA 第25回全日本フットサル選手権大会 東京都決勝大会 準決勝
@ 駒沢オリンピック公園 屋内球技場
リガーレ東京
2
VS
0 - 2
2 - 0
多摩大学体育会フットサル部
2
  • 得点者:
    No.30 関口知寛、No.4 碓井孝一郎
リガーレ東京の試合のレポートです。

第25回JFA全日本フットサル選手権大会
東京都決勝大会 準決勝
12/1(日)12:30 kickoff
@駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
vs 多摩大学体育会フットサル部

 

FP:坂本、碓井、田嶋、清水、菊地(耕)、木村、岡野、眞境名、米谷、森、相原、関口
GK:塩、柴田

 

前半(GK柴田)
0-1 失点
0-2 失点

 

後半(GK柴田)
1-2 得点→関口(田嶋)
2-2 得点→碓井(米谷)

 

延長前半(GK柴田)
スコアレス

 

延長後半(GK柴田)
スコアレス

計:2-2(PK:1-3 ) Lose

準決勝から登場のリガーレは、学生チャンピオンの多摩大学体育会フットサル部との対戦。

 

大学生の勢いに負けたくないリガーレだったが開始2分でまさかの2失点。

いきなり2点のビハインドからのスタートとなったリガーレは、少しずつペースを握り始めるもなかなか多摩大学の守備を崩すことが出来ない。
米谷のドリブル突破や相原のカットインシュートなど、チャンスは作るものの得点を奪うことが出来ず前半0-2で終える。

 

後半、試合が動いたのは10分。

左サイドを突破した田嶋から中央への折り返しを関口がアクロバティックな右足アウトシュートでゴールに流し込み1点差となるゴールを決める!!
さらに12分には左サイドのCK、米谷の戻しを碓井が豪快に決めて同点!!
その後、互いにファールをなかなか取ってもらえず少し荒れ気味の試合となってしまうが、
両チーム集中を切らすことなくにゴールを死守。
点は動かず2-2のまま、3分ハーフの延長戦へ。

 

 

延長戦でもお互いに攻めあぐねてなかなかシュートまで持ち込めない。
延長後半2分に絶好の位置からFKを獲得。
碓井のシュートは相手GKに阻まれ勝ち越しならず、そのままタイムアップ。
PK戦へと突入。

 

 

しかしリガーレは2本目を相手GKに防がれてしまい、万事休す。

 

スコア2-2 PK負けで3位決定戦へと進むことになりました。

 

3位決定戦へ続く。

 

※記事内の写真は、サポーターの方から頂いたものです。