INFORMATION

ブログ
4.4(Thu)
出会いと別れ
【トップ】小仲 貴文

小仲です。

 

出会いと別れの季節ですね。

 

去年から保育園に通ってる子どもは、3歳児クラス(年少)に進級。担任の先生が変わったり、新しいお友達が入ってきたり、環境の変化に戸惑っている様子。頑張れー(T ^ T)

 

 

自分は、毎年異動願を出しているのに、今年も願いが叶わず。さらには、自分以外の人たちが全員退職または異動して、まさかの自分だけが残るという事態。。

部署内で去年までを知っているのが自分だけというカオスな事態で、新年度を迎えました。

 

 

というわけで、今年も土日だけでなく、平日も含めて仕事で練習や試合行けないことが多いかもしれません。。ご迷惑おかけします。。

 

 

 

さて、リガーレ東京ファミリーの退団がリリースされましたね。

【退団選手のお知らせ】

 

 

トップチームの江藤綸汰朗。

(漢字全部合ってるか?)

 

歳下ながら尊敬できるヤツでした。

オンとオフの切り替えが半端ない。ぶっ飛び加減がブレない。何気に試合で1番泥臭く走り回る。きっぱり引退して仕事に打ち込む。潔くて素晴らしい。応援しています。

早く金持ちになって、スポンサーとしてリガーレに帰ってきてほしい。笑

 

サテライトの松浦さん。

言わずもがな、リガーレの象徴。

サテライトの試合は多くは観に行けませんでしたが、観た試合は、松浦さんや若い子たちの気迫を見て、自然と涙が出てきました。不思議な感覚。感動したってことでしょうね。

任務遂行、お疲れ様でした。

 

 

その他のメンバーの退団は、、、

 

知らなかった。。。

 

でも前向きな退団だと思うし、これからもリガーレファミリーとしてよろしくお願いします。

 

 

さて、自分は、オフ期間は、家の近くのコートで、毎週、近所のおじさん達と個人参加フットサルを楽しむ!!

 

つもりでしたが、第1週目で膝がアウト。。楽しく蹴ることすらままならない。。

 

60歳、いや70歳、いや80歳まで趣味でボールを蹴り続けることが人生の目標でしたが、目標変更せざるを得ないようです。

 

相当なモチベーションで、毎日トレーニングやケアがあってこそボールが蹴れる状態を保てるようです。

引退したら、もうボールを蹴ることはできないでしょう。切り替えて、何か新しいことを見つけようと決心したオフでした。

 

(マルエム様クリニックやファン感謝祭でほぼボールを蹴ることがないのは、もう蹴れないからです。。予めご了承ください。。)

 

 

前所属チームを退団後、西野監督に拾ってもらって4年間お世話になりました。

 

使い物にならなかったガラクタでしたが、関東1部リーグを3回も優勝できました。

 

まさに再生工場。

 

ガラクタでも、適材適所で上手く組織として機能できるようにして再生してくれました。自分の他にもそうやって再生して蘇った選手は多いと思います。

 

誰がガラクタや!って自分で自分を突っ込みたくなるほど、ちょっと表現に語弊がありましたが、そういうことです。

 

 

「こんな自分なんて」と思うこともあると思いますが、

そんな自分でも必ず活きる道や組織に貢献できる方法があるし、

「こんなヤツがいたって」と思う味方がいても、どう活かすか次第では組織に十分貢献させることができます。

 

 

そんなことを、自分のプレーから伝えられたらと思います。

 

 

このリガーレ東京ファミリーのおかげで、

自分はもういつ引退しても後悔ない気持ちですが、

リガーレ東京の未来を担う若者達の踏み台になれるのであれば、、もう少し頑張ろうと思います。

 

 

 と、自分より歳上の選手がまだたくさんいる中で(O-40含め)、お爺さんみたいなブログで失礼しました。