INFORMATION

ブログ
1.10(Thu)
2018振り返り
【トップ】江藤 綸汰朗

皆さん、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願い致します。

小さい頃は年賀状で、毎年毎年「今年もよろちくび。」と書きまくっていた今年年男の江藤です。

 

今回は2018年の振り返りを書いていきたいと思います。

 

1月〜3月
「フットサル」
やはり全日本フットサル選手権。関東予選を決勝でリーグ戦2連敗のロンドリーナに勝利し1位で通過し、全国大会へ。全国ではシュライカーにボコボコにされたが、3年間所属したフウガバッファローズでは全国へ行ったことがなかったので、涙が出るほど嬉しかった。個人的には、一回戦で移籍してきたばかりの俺にPKを蹴らせてくれた監督の想いと、準決勝の2ゴールした時の観客席、そして全国でのこうじさんのゴールが特に心を震わせてくれた。
「プライベート」
大学四年の最後となる春休みだったが、「学び足りなかった」(ここ重要)ので5年目に突入する事に。

4月〜7月
「フットサル」
新チーム始動。2セットで回してセットも固定していくスタイルに。自然とチーム内競争が生まれる。そして練習もよりばちばちしていい雰囲気でリーグ戦を迎える。3セットよりも体力的にはキツイが、沢山試合に出る事によってセット間のコミュニケーション、連携が昨シーズンよりも良くなったと感じた。リーグ戦もホームゲーム以外は負けなし。
「プライベート」
大学5年目。友達はみんな卒業してしまったので大学でのお昼ご飯はひとりぼっち。
内定が出た。不動産業界に就職が決まる。家を買うなら江藤まで。

8月〜12月
「フットサル」
10月に人生で1番気持ちいいゴールを決めた。恐らく今後のフットボール人生でもあれを超えるゴールは出ないだろう。
チームは、リーグ前半戦は一敗のみの全勝で折り返すが、後期初戦を0-7で落とす。しかしうまくチーム全員で切り替えてそこから再び連勝が続き中断期間を一位で迎える。しかし、中断期間あけの試合を引き分け、負けと勝ち点を失い首位陥落。3連勝しなければ優勝はない状況に陥った。更には怪我人、累積出場停止も続出した。
しかし、サポーター、スポンサー、スタッフ、試合に出れないメンバー、出るメンバー、リガーレファミリー全員で闘った結果ホームゲームを勝利、首位攻防戦も勝利、そして最終試合も駒沢で勝利、優勝!!!
昨シーズン、自分が移籍して連覇を止めてしまいとても責任を感じただけに今シーズン優勝出来てとても嬉しかった。あんなに多くのサポーターが喜んでくれてよかった。高校の時の恩師の「苦行を修行と思えばその道は自ずから開ける」という言葉、本当にその通りだった。
家で風呂入ってる時に初めて実感が湧いて、1人ポロポロ泣いたのは内緒です♡

※セカンドセットの相原、江藤、清水の若手3人は1試合ずつ出場停止になりました。まとめてくれた米さんご迷惑おかけしました!!

「プライベート」
9月卒業予定だったが、「学び足りなかった」ので3月まで大学生をやる事に。カラオケで学割が継続して使える!!

2018年ざっと振り返るとこんな感じでしたね!!!!!
締めくくりが良かったのでとってもいい年になった感じがしました🙆‍♂️

2019年のことについては続いてのブログで!来週の月曜日は関東リーグで1番のポケモンマスター岡野さんです。

それでは、あでぃおーす。