INFORMATION

ブログ
1.8(Tue)
イソップゥ〜ッ!!(泣)
【サテライト】武田 潤

あけましておめでとうございます。

フットサルは2018シーズンも終盤。
リガーレとしては、LADIESチームのリーグ優勝に続き、
TOPチームが関東リーグ優勝を決め、あとは地域CLと全日本選手権。

ロコスもリーグ戦、残り3試合、
3部リーグへの昇格がかかった接戦が待ってます。

最終節までおよそ一か月。
ロコスのメンバーはきっと不安に違いありません。

「 どうしたら勝てるのか… 」

答え知りたいよね、欲しがるよね~、キム。

自身満々、満身創痍なあなたはこれ以上読む必要は御座いません(笑)

今回はロコスのメンバーに向けて書きます。
結論から申し上げますと、
我々が、この3戦を全勝で締め括るには、

” ONE FOR ALL , ALL FOR ONE ”

しかないでしょう。

決して、〇浦選手の「チームの為、自分の為」の
パクリでは御座いません!

スクールウォーズの方です。
(ゲンキやナオキはスクールウォーズ知らないでしょう…(笑))

あと一か月で個人の能力が飛躍的に上がることが望めない中、
チームとして目指すべきは、強い組織として一丸となって試合に臨むこと。

かつてFリーグ最強と言われていた名古屋OCEANSに地域チームの
FUGAが全日本選手権で勝ち、日本一に輝いたことがありました。
当時のFUGAは対戦しても、そのチームワークの良さ・連帯感はひしひしと伝わってきたし、プレーにも表れていました。良く走るし、味方のカバーを攻守共にする。
「切り替えエロ!」いや ゼロ!!(失礼しました、須賀監督!)なんて
攻守の切り替えの早さ(0秒)を表すキラーフレーズも御座いました。

フットサルも然り、必ずしも強い個の集団が勝つとは限りません。
各個人でみれば、これから対戦するどのチームよりも、サッカー・フットサル経験が浅くとも、チームの経験値では我々も負けていない。
昨年の入替戦せの惜敗しかり、今年の選手権、リーグ戦での敗戦。

そして何より、日頃からサスーン監督やタクコーチ兼選手、ゆいマネージャーまで、みんな優勝経験のあるでの成功者の中で練習できているのがロコスの強み。
そして何と神様(通称:カミさん)まで地上で見守ってますよ。
みんなには見えてないかな。 Oh My GOD!!

トップの監督含め、全員が口を揃えて言うのが、
チームへの献身性、リガーレイズムです。
私も2015,2016のTOPチームでの関東リーグ優勝で得たものは
まさにこれ、全員が実践できてやっとチームに結果がついてきました。

ピッチの内外でその意識を行動(プレー)にして、今年こそチームで
結果を変えよう。

味方の為に走る、スペース作る、シュートに繋がるパスを出す、
声で盛り上げる。

ロコスに新しい歴史を、そして自分史にも誇れる一年で締めくくろう。

TJ15