INFORMATION

ブログ
11.21(Sat)
ゴレイロとして
【レディース】佐藤 沙彩

こんにちは!
レディース #1 沙彩です!

 

この時期になると空気が澄んでるから気持ち良いですね!
天気がいい日はのんびりしたいです♪

 

さて今回は改めて感じたことについて書きます。

自分がリガーレに入ってゴレイロを始めて今シーズンで3年目になります。
この2年半という期間でFPのときには感じられてなかったことを沢山感じています。

 

単純にシュートのボールが痛いし怖いと思うこともある、1人、責任、1点の重みなどなど。

 

色んなSNSだったりでゴレイロ(キーパー)の地位は低いって言われがちです。
でも、リガーレはそんなことないです。

 

過去にゴレ経験のある人、1年目に交代でゴレをやってた人、仲間を思いやる気持ちを持った優しすぎる人達。そして監督でありリガーレ東京のゴレコーチでもある拓さんがいてくれます。

みんな温かいです。

 

ゴレイロってポジションは自分しかいないけど全然独りじゃない
恵まれた環境でプレーさせてもらってます。

 

痛いことも沢山ある。シュートが顔面直撃したり、みぞおちだったり。
その瞬間は痛いから辛いけど、試合でシュートを決めるためにみんな一生懸命やってる。それは自分も一緒。試合で失点しないために自分は必死に守ります。だから痛くても辛くても耐えられる。(悶絶してますが笑)お互いがそうやって高め合う。それがチームなんだと思います。

 

練習で体張れなきゃ試合でやれるはずがない。
試合で体張って守るために、練習から120%で取り組みます。

 

 

とある練習後のMTG(連日ボールが直撃したときかな??)で拓さんが
「体張って何回くらっても続けてくれてるんだよ、フィールドはキーパーに仕事させないくらいにしなきゃ」
というような内容のことを言ってくれました。その話に頷いてるみんなを見て1人で泣きそうに。自分の意志でゴレイロをやってるけど、言葉で言われるとぐっとくるものがありました。

 

FPのみんなは20×40を走り回ってくれてるんだからってずっと思いながらやってました。
これからもその気持ちは持ち続けます。みんなが駆け回ってくれているから自分はゴール前にいられるから。
その上で自分がやるべきことをやります。

 

リガーレは守備のチームです
これを体現するためには、もっともっと気持ちを出して体を張っていく必要があると思います。
目の前の相手に負けない、どんな不利な状況でも食らいつく、諦めない。

 

泥臭く、かっこ悪く、リガーレらしく
全員で熱く闘います。

 

明日は公式戦です

 

■東京都女子フットサルリーグ1部
11月22日(日)
vs FC駒沢女子
@都内施設

今節も無観客試合となりますが、応援よろしくお願いします。