INFORMATION

ブログ
9.17(Thu)
僕が好きなNiziuのアーティストとは、、、
【トップ】坂本 宏喜

どうも。No.3ボブです。

 

今流行りのNiziプロジェクト。僕もハマってしまいました。Youtubeで、東京合宿から最終メンバー決定(Part1Part2)まで全て見ました。もうアイドルおたくの境地と言っても過言ではありません。

 

本題の「僕が大好きなNiziuのアーティスト」ですが、、、この人です!

 

J.Y.Parkさん!笑

 

僕がNiziuにはまった1番の理由は、J.Y.Parkさんがオーディションを受けているメンバーたちにかける言葉が、本当に素晴らしくて、感動的で、涙が出てくるほどだったからです。笑

 

 

彼女たちのパフォーマンスが終わった後、必ずJ.Y.Parkさんは評価をします。良かった所、悪かった所、次回に期待することなど、丁寧な言葉で語っていきます。もちろん彼女たちもドキドキしながらその言葉を聞いているのですが、中には涙を流す子もいたほどでした。そのぐらいJ.Y.Parkさんがかける言葉が素晴らしいということです。

 

 

自分なりに、J.Y.Parkの言葉を分析していくと、3つの事に気付きました。

 

①褒める時はまず感情的に。その後具体的に。

→ J.Y.Parkさんは、褒める時に「ここがよかった。ここが感動した。」など、一つひとつ丁寧に褒めます。しかし、このように具体的に褒める前に、「本当に素晴らしかった」という思いを、言葉と表情で伝えます。

 

②悪い所を指摘する時は冷静に論理的。

褒める時はとことん褒めるJ.Y.Parkさんですが、悪かった所も明確に指摘します。しかし、その指摘の仕方は本当に丁寧で具体的で、指摘された子が納得できるように説明する姿が印象的でした。

 

③これから期待することを忘れない。

褒めた後に期待の言葉をかけるのは、よくあることです。しかし、J.Y.Parkさんは悪い事を指摘した後も、期待の言葉をかけます。褒められようが、指摘されようが、「この人の期待にもっと応えたい」と思わせる力はさすがだなと感じました。

 

 

改めて、言葉の持つ力は本当に素晴らしいと感じるプロジェクトでした。ぜひ、皆さんもNiziプロジェクトを見てみて下さい。片手にハンカチは必須です。笑

 

ボブ