INFORMATION

ブログ
8.27(Thu)
木曜日の江東区 by No.21たつや
【トップ】藤原 立弥

どうも。

 

都内の職場から練習場所のセガサミースポーツアリーナに向かう為に、初めて“シェアサイクル”を利用したら、スーツでかいてはいけない量の汗をかいた男、藤原です。

 

電車で帰るんですが…。

 

 

最近、とある仮説を立てました。

 

『色が黒いイケメンは、ちょいお◯”かさん説』

 

元々うちにいたじゃないですか?
“黙ってればキラ★メン”でおなじみの、あいつ。

 

そして、もう1人。

色黒で、笑うと白い歯がこぼれる、爽やかなナイスガイ。

新10番のたかき。

チームの練習試合のその日、たかきは練習での負傷により別メニューで調整。

 

トレーナーの亮さんから課されたメニューは、一辺10mほどの三角形の辺を、
サイドステップでスタートし、進行方向に体の向きをターンして角までダッシュ、
角で切り返したら、またサイドステップ→ターンして次の角までダッシュ、
切り返してサイドステップ→ターンしてダッシュ…

 

それを続けるという、様々な動きが組み合わせられた、なかなかハードなもの。

 

スピードが持ち味のたかきには、もってこいのトレーニング。

 

 

…と、思いきや。

 

本来は、【サイドステップ→ダッシュ→切り返し】の繰り返しなのだが、
どうしても、角で切り返した瞬間にダッシュして、次の角の手前で向きを変えてサイドステップしてしまう、たかき。

 

亮さんが一度止めて、動きを説明する。
「サイドステップから、ターンしてダッシュ!
サイドステップから、ターンしてダッシュ!
いい??」

 

真っ直ぐな目で亮さんを見て、たかきはなるほどと頷く。

 

亮さんの、「よーい、スタート!!」の合図と共に、

 

 

真っ直ぐダッシュするたかき。

そして、角の手前で急減速して、サイドステップ。

 

再びたかきを止め、亮さんが動きを実演しながら、説明する。

 

「見てて。行くよ?
サイドステップから、ターンしてダッシュ!ハァ
サイドステップから、ターンしてダッシュ!ハァハァ
わかった?!ゼーハーゼーハー」

 

これは、誰のトレーニングだろうか…。

 

ゆっくりでいいからやってみよう、と亮さん。
もはや、トレーニングの強度なんて今はどうでもいい、と言わんばかり。

 

 

周りで見ていた他の選手も、たかきを見守る。
さながら、唯一跳び箱を跳べないクラスメートを見ている同級生たちのよう。

 

現実に戻ると、物凄い違和感。
だって、あいつ運動神経結構いいはずなのに。

 

再び、スタート位置につくたかき。
亮さんも心なしか緊張しているように見える。

 

「いい?いくよ?

よーい…スタート!!!」

 

合図を受けて、

 

真っ直ぐな瞳で、真正面を見つめるたかきは、

 

 

再びダッシュした。

 

崩れ落ちるクラスメート…否、チームメイト。
天を仰ぐ先生…じゃなくて、亮さん。

 

もちろん、最初の角に差し掛かり、直前でサイドステップしたたかきくん。

そして、角で切り返してダッシュする時、彼ははこう言った。

 

「サイドステップから…ターンしてダッシュ!」

 

あぁたかき、違うんだ。
そうだけど、違うんだ。たかき。

 

でも、なんだろう。
こういう子って、みんなほっとかないんだよね。

 

ということで、検証結果。

 

 

『こういうヤツって、なんだかんだモテる』

 

-END-

 

 

さて、開幕まで10日切りました!

 

今自分達にできることを、とにかくやっていきましょう!

 

では、あでぃおーす